YAMAGUCHI
YUTO

YG0019

性別/男性出身大学/山口大学出身学部/経済学部
出身地/福岡県居住地/山口県卒業予定年/2021年4月
希望業界/人材、住宅、保険、絞らない、自動車希望職種/営業、絞らない希望勤務地/福岡県、絞らない
タイプ/バランス趣味特技/釣り、サイクリング、水泳資格/運転免許、日商簿記2級
プライベート/運動、トレーニング、ジム部活・サークル/水泳、学園祭実行委員夢/自分が稼いだお金で、親に結婚式をさせてあげたい
自己PR/私は、自らを厳しい環境に身を置くことで成長を感じてきました。 若いうちに本当にきつい体験をしておくことで、今後の人生で多少のことは乗り越えることができるのではないかと考えています。 幼少期から継続してきたスパルタな水泳や、大学時代では、山口県から福岡県まで徒歩で横断するチャレンジをしたりと、自分の生活のモチベーションを上げるために、あえて厳しいことに挑戦してきました。
PAST 過去編 水泳から学んだ、「できないことができるようになることの楽しさ」
私は小学校から高校まで水泳に触れてきました。 当時は、小学校のクラスで一番泳げなかったため、水泳がほんとうに嫌いでしたが、クラブに入り、泳げるようになってからは、色んな泳ぎ方を覚えることが楽しくなり、できないことをできるようになることを実感できたことで、水泳を好きになっていきました。 高校生になってからは、タイムに追われるような厳しい環境に身を置くようになってからは、達成感はあったが、楽しく泳ぐことができなくなり、モチベーションが下がったことがありました。しかし、部員の「本気で水泳やってみよう」という何気ない言葉を受け取ってからは、キャプテンとして、高校最後の大会を意識するようになり、練習にも力を入れ始めたことで、結果も残すことができました。
PRESENT 現在編 学園祭の実行委員として、「人を動かすために何をすればいいのか」について学んだ
私は大学時代、学園祭の実行委員の活動に力を入れて取り組みました。 運営の人員が足りない、仕事をちゃんとやってもらえない、内部でケンカも起きるなど、様々な問題が発生しました。 まずは先輩が背中で見せるべきだと考え、とにかく自分たちで全部やってみるという気概で企画や準備をしていくうちに、自然と後輩たちも運営に参加してくれて、徐々に人員も増えたことで、全員のモチベーションも上がっていきました。 その結果、学園祭は成功し、多くの人に喜んで頂けるイベントとなったと思います。 問題が多かったですが、その分終わった後の達成感を全員で感じる経験となりました。
FUTURE 未来編 仕事を通して、人の一生に寄り添う生き方をしていきたい
子供の頃、親が車を購入する際に、担当してくれたディーラーの方の対応を今でも覚えています。その方は、車を購入した後も長くフォローしてくれて、2台目に買い替える時にも親身になってアドバイスをしてくれていました。私も幼いながら、その姿をみて、一人一人に深くかかわる仕事をしていきたいと感じました。営業の仕事はネガティブに捉えられがちではありますが、だからこそ、そのような働き方を目指して、相手が困った時に頼りにされる人間になりたいと考えています。