KOBA 
NATSUKI

FO0019

性別/女性出身大学/九州大学出身学部/法学部
出身地/長崎県居住地/福岡県卒業予定年/2022年4月
希望業界/絞らない希望職種/絞らない希望勤務地/絞らない
タイプ/パワフル趣味特技/旅行・読書・バレーボール資格/普通自動車第一種運転免許
プライベート/アウトドア部活・サークル/女子バレーボール部夢/ゲストハウスを営むこと!
自己PR/私の長所は、「素直さ」です。 なぜなら、周囲の人やコミュニティに大きく影響され、すぐに実践して自分を大きく成長させてきたからです。 就職活動を始めて、とても大きなビジョンをもって活動する人々に出会いました。例えば、毎日コラムを書き、学生のために毎週セミナーを開催する社会人に出会い、学生に幸せなキャリアを歩んでほしいというビジョンに感動しました。その影響で、私も日々の学びを最大限に生かすために毎日noteでアウトプットしています。 だから私の長所は、周囲からの影響をダイレクトに行動に反映できる「素直さ」です。
PAST 過去編 生徒と先生の板挟みの中で苦労したことも・・・
私は、中学2年生の時、生徒会長と部活動の主将を兼任していました。 なぜなら、大きな責任感の中にやりがいを感じて、組織のために一生懸命活動したからです。 特に、生徒会長としての活動は全校生徒と先生方の板挟みの中で苦労することもありました。 制汗剤の使用を認めてほしいという多数の生徒と風紀の乱れ等から、今まで認めてこなかった先生方との間に入り、協議を重ね、条件付きでの使用が可能になりました。 どちらかを優先するのではなく、双方の利害が一致するまで仲介し、解決に導けたことには大きな達成感がありました。また、生徒たちの期待に応えられたことにやりがいを感じました。 だから私は大きな責任もモチベーションに変え、向上心をもって行動できます。
PRESENT 現在編 声かけ文化浸透でチームもひとつに!
私は、大学でバレーボール部の活動をしています。 ムードメーカーとしてチームの士気を上げ、九州リーグで5部から3部まで昇格することに貢献しました。 私たちのチームは、連続失点が原因で5部のチームの中で最も技術があるのに、大会では負けることがよくありました。ミスをした人への声掛けが足りず、その人が委縮して実力を発揮できないことが課題でした。 そこで、ミスをした人に必ず一言声を掛ける「声掛け文化」を作ることを提案しました。また、提案するだけでなく、中高時代にもムードメーカーとして総合力の高いチーム作りに貢献してきた経験を生かして、全体の見本となって行動しました。 結果として、私の行動が周囲を巻き込んで「声掛け文化」が浸透し、チームの雰囲気が格段に良くなりました。最終的に連続ミスが減少し、強豪に勝ち3部へ昇格するという目標を達成しました。 だから私は、マイナスの局面をプラスに変えて、チームワークを最大化することができます。
FUTURE 未来編 全身全霊で行動できる社会人に
人のために全身全霊で行動できる社会人になりたいです。 理由は2点あります。 1点目は、私の父が自分の労力を顧みず、人のために行動できる人間だからです。 2点目は、私が今まで出会った人から影響を受けてきたように、私も誰かに影響を与え、成長のきっかけを与えたいと思うからです。 例えば、1点目に関して、幼いころから人のために全身全霊で行動する父の姿を見て憧れを抱いていました。実際に生徒会長など組織のリーダーを経験する中で誰かの役に立てることの素晴らしさを実感し、これからも人の役に立ちたいと思いました。2点目に関しては、私は今まで、尊敬できる人に出会い、それをきっかけとして自分を成長させてきました。しかし、将来は自己成長に満足せずに、誰かに自分と同じようにきっかけを与えられるような人間になりたいです。 だから、私は人のために全身全霊で行動して、人が成長するきっかけを与えられるような社会人になりたいです。