WADA
SATOSHI

YG0063

性別/男性出身大学/山口大学出身学部/国際総合科学部
出身地/広島県居住地/山口県卒業予定年/2022年4月
希望業界/絞らない希望職種/絞らない希望勤務地/絞らない
タイプ/バランス趣味特技/音楽、ゲーム、漫画資格/英検2級
プライベート/アルバイト、ドライブ、ゲーム部活・サークル/サッカーサークル、ダンスサークル夢/模索中
自己PR/行動力とぶれない軸。これが私の最大の強みです。大好きなサッカーを通して言語を超えた異文化交流をしたいという夢を、実際に留学をし、留学先の大学のサッカー部で直談判して、参加させてもらったことでそれを在学中に達成することができました。このエピソードは、私の行動力がよく表れているように感じます。それに、高校生時代にサッカーの朝練、昼練、放課後練習を引退まで続けることが出来たのはぶれない軸があったからだと思います。私はやりたいこと、好きなことに対して自分の犠牲を厭わずにやり抜くことができます。単にやりたいことをやってきただけではなく、私がやるべきと判断したこともやり抜いてくることでこのスキルを長所に成長させることができたと思います。これが私にとってのぶれない軸であり、これから社会人として働いていくうえで私が何をしたくて働くのかを考え続けられる長所にもなると思います。
PAST 過去編 サッカーだけでなく人とも向き合った学生生活
高校生の間は特にサッカー部の活動に力を入れました。ただサッカーだけをしていた1年生の頃、ある転機が訪れました。その時期はサッカーも学生生活も悩んでいたのですが、2つ上の先輩がある言葉を私にくれました。「サッカーはチームでやるもの。それは学生生活も同じ。1人よがりのプレーはゲームでやった方がいい。」この言葉がきっかけとなって、人とのコミュニケーションを見直し、サッカーというスポーツともう一度向き合うことで、かけがえのない友人と思い出を得ることが出来ました。この言葉は、今後の生活の中でも大切にしたいです。自分一人ではできないことでも、その時々の人々と協力することで乗り越えることができると思います。サッカーを通して学んできたことをこれから働く中で更に発展させていきたいです。
PRESENT 現在編 挑戦することの大切さ
ただ大学生活をするのではなく、これまでと違った経験や人が簡単に出来ないことがしたいということで、ダンスを始めたり留学に行ったりしました。実際にやってみることで得られるものは多く、知らなかった世界に自分の居場所が出来ていくような感覚がとても気持ち良かったです。大学生活を有意義なものにしたことで高校生の頃よりも挑戦を臆さないようになり、知識や経験が増えていくことに喜びを感じるようになりました。残りの大学生活でも自分の成長のためにどんどん挑戦していきたいと思います。
FUTURE 未来編 繋がりを大切に、充実した未来を
私は、楽しいと思える今日が、充実した未来を作ると考えています。人とのつながりがあることで経験も知識も得られ、毎日の充実に繋がります。失敗や挫折も周囲の人々が教えてくれます。より多くの人と関わり続けることは、新しい自分を見つけることに繋がり、更なる成長の後押しをしてくれると思います。なので、私は様々な場所やシチュエーションで出来た繋がりを大切にして、視野をより広くし、充実した未来を設計したいです。