KAWADA
YAKUMO

YG0031

性別/男性

出身地/大阪府

希望業界/教育、絞らない

タイプ/パワフル

プライベート/塾のアルバイト

出身大学/山口大学

居住地/山口県

希望職種/営業、接客、絞らない

趣味特技/筋トレ、ピアノ

部活・サークル/陸上部、ピアノ、学園祭実行委員長

出身学部/経済学部

卒業予定年/2022年4月

希望勤務地/大阪府

資格/運転免許

夢/楽しく仕事していきたい、100億円手に入れても働きたい

自己PR/私は、自分が信じたことを貫き通す精神力があります。 そのエネルギーがありすぎるため、相手に自分の話を無理やり納得させることができます。しかし、時として、間違っていることでも、自分が信じたことを貫き通すために、相手に信じ込ませてしまったこともあり、塾のアルバイトでも、学生に間違った答えを教えてしまい、教え切ってから間違いに気づき「今日教えたことはすべて忘れてくれ」と謝ったことさえあります(笑)。良くも悪くも、自分を信じて突き進むエネルギーが私の強みです。
PAST 過去編 特殊な家庭環境から、他人とは違った価値観で生きてきた。エネルギーがあふれていた学生時代。
私は、父が医者、母がピアニスト、他にも身内に画家、校長先生などがいたりと、特殊な家族に囲まれて生きてきました。そのせいもあってか、他人よりも少し感性がずれていると言われることがあります。 中学校では陸上部に所属し、好きではありませんでしたが、走るのが速かったという理由で練習を続け、大会で結果も残してきました。しかし、高校の陸上で怪我したことで、しばらく車いす生活をしており、高校3年間はほぼ筋トレ生活を送ることになりました。ショックではありませんでしたが、そこから大学受験の際には勉強に力を注ぎ、高校では唯一、国立大学に受かったということで、学校の歴史にも名前を残すことができました。その成功体験を活かし、大学では塾のアルバイトにも力を入れて取り組んでいます。
PRESENT 現在編 学園祭史上「最もやる気のない実行委員長」として、自分と同じ気持ちを抱えてきたメンバーの目線で、ルールを変えてきた。
私は大学で、100名近い組織の学園祭において、実行委員長を任されています。しかし、元々はめんどくさいなどの理由から、運営すらやりたくなくて断っていたのですが、まわりから推薦されたことで、引き受けることを決意しました。「学園祭史上、最もやる気のない実行委員長」として任命されましたが、どうせなら、自分と同じ気持ちを抱えているような実行委員が「やめたくない」と思えるようなオモロイイベントにしたいと考えました。そのために、メンバーが辞める理由をつぶすため、嫌に感じるルールを強引にでも変えてきました。学園祭をつくる側が楽しくならなければ、全員がオモロイと感じてくれないと考えているため、これからもまずは身近な人から盛り上げられるように行動していきます。
FUTURE 未来編 100億円手に入っても仕事をしたい。お金ではなくて、色んなオモロイ人に出会うことで、自分ももっとワクワクしていきたい
私は、はじめて人と関係をつくっていくプロセスが好きです。相手のことをどんどん知っていく過程が楽しいと感じています。最終的に、関係もつくれて、ありのままの自分を出せた時に、「最高に気持ちいい」と感じます。仕事においても、大企業とかベンチャーとか、こだわりはありません。お金や規模ではなく、どれだけワクワクするような魅力的な人がいる環境かを重視して、就職活動もしていきたいです。私自身も、そんなオモロイ人に会っていき、その人たちの要素を盗んで、自分自身がオモロイ奴になっていきたいです。