FUJIMOTO
TAKASHI

FO0016

性別/男性出身大学/大分大学出身学部/経済学部
出身地/熊本県居住地/大分県卒業予定年/2021年4月
希望業界/IT希望職種/SE、プログラマー、営業希望勤務地/熊本県、福岡県
タイプ/バランス趣味特技/音楽視聴資格/普通自動車第1種免許
プライベート/オンライン飲み会部活・サークル/軽音楽夢/自分の成果が目に見える仕事に就きたい
自己PR/私は失敗してもポジティブに捉えて次の対応を考え行動につなげることが出来ます。 なぜなら、失敗してもくじけず前に進むことが出来るからです。 例えば、居酒屋のアルバイトで、27人ほどの宴会のコースのお刺身を一部出し忘れてしまった時、次どうすれば忘れないかを考え、毎回お料理を全て持って行ったか、また、伝票でオーダーを通す際も数量など間違いがないかを確認するようにしました。その結果、ケアレスミスを無くすことができました。 以上のことから私はポジディブに捉え行動することができる人間であると考えます。この特徴が社会に出て仕事でミスをしてもくじけず前に進めるという点で役に立つと考えます。
PAST 過去編 ボランティア活動で培った傾聴スキル
私は相手の話にしっかり耳を傾けることができると考えます。 相手の考えを否定せず、尊重することができるからです。 大学生が高校生の話を聞くというボランティアで、相手の話に共感した上で自分の考えを言う、ということが大事だということを学びました。 よって私は相手の話にしっかり耳を傾けることができると考えます。
PRESENT 現在編 積極的に行動し企業理解を深めています
私は今、オンラインで企業の方と沢山話す機会を得ています。 実際に働いている人の声を聴くことで、仕事や企業のミスマッチを防げるのではないかと考えるからです。 オンラインで開催している就活イベントには可能な限り参加しています。 よって、私は様々な企業の方との交流を通して理解を深めるよう努めています。
FUTURE 未来編 当たり前にある暮らしを守りたい
私は、インフラ関係の仕事をしていきたいと考えています。 気づかないけど当たり前にある暮らしを守っていきたいからです。 熊本地震で被災し、水や電気が止まり、とても不便に感じました。 このような時、すぐに復旧できるようにすれば、同じ思いをする人を減らすことができるのではないかと考えました。 このような体験から私はインフラ関係の仕事で活躍していきたいと考えています。